謎の男がテレビを電波ジャックした怪事件 マックス・ヘッドルーム事件

最近はあまり見ない気がするが、一昔前の映画や漫画などでは悪役がテレビ放送を乗っ取り、演説したり謎の言葉を残したりというシーンを見かけることがあった。このようなテレビ電波ジャック事件は現実にも何度か起こっているのだが、その中でもとりわけ奇妙なのがマックスヘッドルーム事件である。

スポンサーリンク
レクタ大

突如現れた仮面の男

マックス・ヘッドルーム事件は1987年11月22日、米イリノイ州シカゴで起きたテレビ放送信号割り込み事件である。電波ジャックはこの日二度起こっており、いずれも揺れる波打った金属板をバックに、薄気味悪いマスクとサングラスを着けた男性が突然現れるというものだった。

電波ジャックの男

男が身につけていたマスクは、マックス・ヘッドルームというイギリス・チャンネル4が製作したCGキャラクターのもので、事件の年には米ABCがこのキャラクターの権利を取得、ドラマを製作して放映していた。背景の波打つ板は、そのキャラクターが登場するときのエフェクトを模したものだ。

実際の映像

YouTubeチャンネルのThe Museum of Classic Chicago Televisionがその実際の映像を公開している。

一度目の事件は午後9時14分頃、WGN-TV(シカゴ9ch)のニュース番組中に起きた。スポーツニュースの最中、突然画面が真っ暗になり、戻ったと思ったら薄気味の悪い男が映っていたというものだ。男は飛んだり跳ねたり楽しそうな様子だが、声などはなく、これまた不気味なノイズ音が流れるだけだ。数秒後、再び画面は真っ暗になって本来のニュース画面に戻り、狼狽するキャスターの姿が映し出される。

WGN Channel 9 – The Nine O'Clock News – "The 1st 'Max Headroom' Incident" (1987)

それから約2時間後の午後11時45分頃、二度目の事件がWTTW(シカゴ11ch)で起きた。人気ドラマシリーズ『ドクター・フー』の放映中に、またしても電波がジャックされ、あの男が現れたのである。ノイズがかかって聞き取りにくいものの、今回は話し声も放映された。その内容は他局のスポーツ解説者やテレビ局をdisったり、当時のコカコーラのキャッチコピー(ちょうどイメージキャラクターがマックス・ヘッドルームだったらしい)だったりで、なぜこのような事件を起こしたかを主張するようなことはなかった。

そして画面が変わり、脱いだマスクがアップにされる。ズボンを脱いだ男の腰とハエたたきを持った女が映り、女がハエたたきで男の尻を叩き続けるシーンで電波ジャックは終わる。

ちなみにこちらの動画はYouTube側で年齢制限がかけられている(後半の尻叩きシーンが引っかかったのか?)ので、興味のある方はログインしてからご覧いただきたい。

この男と電波ジャック犯グループが何者だったのかは今もわからない。当時この事件は大きな反響を呼んだが、結局犯人逮捕には至らなかった。

参考
マックス・ヘッドルーム事件 Wikipedia
WGN Channel 9 – The Nine O’Clock News – “The 1st ‘Max Headroom’ Incident” (1987) YouTube
WTTW Chicago – The Max Headroom Pirating Incident (1987) – Original Upload YouTube

スポンサーリンク
レクタ大