テストサイトを作ってみた

サイトのデザインに飽きてきたので別のテーマに変えようか……と思って色々見ていたら、今使ってるテーマ・Simplicityの作者が新しくCocoonというのを発表していた。

こちらに変えてみようかと思ったが、どうせならいろいろいじってみたい。だが、時間もないしあれこれやって放置するのも……なので、テスト環境を作ってやってみることにした。

以下はサブドメインを作ってサーバー上にテスト環境を作った時のメモ。

サブドメインを作り、WordPressをインストール

XSERVERのインフォパネルにログイン、サーバーパネルに入る。

「ドメイン」→「サブドメイン設定」を選び、サブドメインを作りたいドメインを選択、「サブドメイン設定の追加」タブを開き、適当な文字列を入力してテスト用サブドメインを作成する。

しばらくすると、サーバーにも設定が反映される。サーバーパネルの「WordPress簡単インストール」を選択、ドメインを選んで、「WordPressの簡単インストール」タブを開く。インストールURLで、先ほど作ったサブドメインを選択。必要事項を入力して、「自動でデータベースを作成する」を選択してインストール。

サーバーパネルで「ホームページ」→「アクセス制限」を開き、対象ドメイン中を選択。テストサイトを含むフォルダのアクセス制限をONにする。「ユーザ設定」に行き、ユーザを一つ作る。会員制サイトになっているのでIDとパスワードを作っておかないとアクセスできない。

データをコピーする

本番環境のWordPress管理画面から「ツール」→「エクスポート」を選択し、「すぺてのコンテンツ」を選択してエクスポートファイルをダウンロードする。

テスト環境のWordPress管理画面から「ツール」→「インポート」から「WordPressのインポート」を選び、インポーターをインストール後に実行。
(メディアファイルがインポートできなかった。なぜだ?)

これでとりあえずテストサイト作成完了。とはいえ、テーマやプラグインを試すためだけの環境という感じ。テストサイトで作り上げた環境を本番サイトに持っていくことを考えると、あんまりいいやり方ではないような……。そのうちまたやり直すかも。

参考
【エックスサーバー】カスタマイズのテスト環境のため、サブドメインを活用する方法 PLUSPLUS

広告
スポンサーリンク
レクタ大
スポンサーリンク
レクタ大