歴史学者の密やかな趣味 アナトリー・モスクビンと「人形」たち

ロシア西部にあるニジニ・ノヴゴロド。ロシアで5番目に大きな都市で、2011年、一人の男が逮捕された。男の名はアナトリー・モスクビン。1966年生まれの独身男性で、ケルトの歴史と伝承を専門とし、13ヶ国語を操る優秀な言語学者だった。
きっかけは同居していた両親の通報だった。彼らの息子は大きな人形のコレクターだった。両親も最初は気づいていなかったが、それは本物の人間の遺体を加工して作った人形だった。モスクビンは3〜15歳の少女26人の遺体を墓から掘り出してミイラに加工し、ドレスを着せて人形のように部屋に飾っていたのだ。

アナトリー・モスクビン(wikipediaより)

アナトリー・モスクビン(wikipediaより)

13ヶ国語を操る優秀な言語・歴史学者

モスクビンが墓地や埋葬の儀礼に興味をもったのは、子供の頃に目撃した12歳の少女の葬儀だったという。参列した彼はその遺体にキスするよう強要されたという。
モスクワ大学で文献学を学んだモスクビンは、ケルトの文化や歴史を主に研究するようになった。彼はとりわけケルト人の葬儀や死生観に興味をもっていたという。言語学者として地元の大学で講師をしたり、研究者として本や論文を発表したりもしており、学術界では優秀な研究者として知られていた。
2005年には同僚などと一緒にノジニ・ノヴゴロドの700以上の墓地を調査している。この際、彼は干し草の山で眠り、時には棺桶で夜を過ごしたという。泥棒と間違われて警官に尋問されたこともあったそうだ。2006〜2010年には地元紙で墓地の歴史に関する記事の執筆などもしていた。

モスクビンは一匹狼と評される、少し変わった人物であったようだ。女性とデートすることもなければ結婚もしておらず、童貞だったという話すらある。酒やたばこもやらなかった。だが、善良な人物ではあったようで、同僚の一人は彼の逮捕後、インタビューで「これは何かの間違いで、彼はすぐに釈放されると思う」と答えている。

「死」への興味の果てに

研究者としてのまともな活動の裏で、モスクビンは死んだ子供の墓を暴き、その遺体をミイラに加工して人形にすることに情熱を燃やし始めた。

逮捕後のインタビューによれば、彼の行為は死んだ子供への同情心によるものだったという。彼はケルトのドルイドたちの風習を真似て、子供の墓の上で眠って彼らの霊と対話したという。彼は新聞で子供の死亡記事を見つけては、その墓で眠った。その行為は20年以上にも渡って続けられていたそうだ。
墓を荒らして遺体を持ち出し始めたのは、モスクビンが年老いて、地面で眠ることが難しくなったからだという。モスクビンは子供たちの許可を得たうえで、遺体を持ち出したと主張している。

モスクビンの家からはミイラに関する本が見つかっている。それは墓から連れ出した子供たちを「生活に戻す」ための行為だった。モスクビンは塩とベーキングパウダーで遺体を乾燥させ、家に持ち帰った。痛んだ遺体の手足を布で巻いて、つめものをして子供服やカツラで飾った。それは一見すると、手作りの人形にも見えた。彼は「人形」作りに10年もの歳月をかけていた。
モスクビンはこの行為が犯罪だと分かっていたが、死んだ子供たちの助けを求める叫びを無視することはできなかったという。

発見された「人形」は少女のものばかりだった。そのため、当初はネクロフィリア的な欲求によるものとも考えられた。だが、モスクビンは自分はネクロフィリアではなく、「人形」を自分の娘のように可愛がっていただけと主張している。彼は「人形」たちと対話し、歌を歌い、誕生日にはパーティをした。「人形」が少女の遺体ばかりだったのは、子供を持たなかった自分の人生の後悔と、女の子を望んだ自らの両親の願いをくんでのものだったそうだ。

2011年11月2日、モスクビンは墓荒らしの罪で逮捕された。彼の部屋やガレージからは26体もの「人形」が発見された。
警察は150以上の墓を冒涜したとして捜査した。モスクビンは捜査に協力的で、裁判で懲役5年の刑が言い渡された。だが、精神鑑定の結果、モスクビンは妄想型統合失調症と診断され、服役せずに精神科で治療を受けることとなった。
症状は良くなっていないようで、2016年、彼の治療の延長が認められた。

参考
Anatoly Moskvin (wikipedia) 英語
Russian grave digger dresses up 29 bodies and puts them on display at home (The Telegraph) 英語。「人形」の写真あり。

スポンサーリンク
レクタ大